ハナエはきゃりーにそっくり?作曲の相対性理論って?本名や高校も

ハナエさんといえば、独特の世界観と音楽性
若い世代を中心に、注目を集める女性アーティスト。
 
キャラクターやファッション性も相まって
徐々に知名度を高めてきている印象があります。
 
とはいえ、まだまだ謎の部分がとても多いのも事実。
 
今回は、そんなハナエさんについて調べてきました!
 
ハナエ きゃりー

 

 ハナエのプロフィール

ハナエ きゃりー
ハナエ
生年月日:1994年2月27日
生まれ:福岡県
身長:160cm
担当楽器:ボーカル・ピアノ・ギター
デビュー:2011年
レーベル:Virgin Music


EMIミュージック・ジャパンが主催するオーディション
『Great Hunting』にデモ音源を送ったのは13歳の時の頃。
 
審査員の目(耳)に止まり、連絡を受けたそうですが
すぐにデビューというようなことはなかったようです。
 
たぶん、そこからトレーニングを積んだり
方向性を検討してきたんじゃないかと思います。
 
後でも書きますが、その数年後にデビューとなっていますね。
 
 

 ハナエときゃりー似てる??

 
実際に2ショット写真がありましたので、どうぞ。
 
ハナエ きゃりー
 
姉妹と言われたら信じるかも!?
 
宣材写真によっては、確かに似てますね。
 
ハナエ きゃりー
・ハナエ
 
ハナエ きゃりー
きゃりーぱみゅぱみゅ
 
 

 ハナエの音楽のルーツ

 
音楽については、いわゆる英才教育だったようです。
エレクトーン、ピアノ(両方?)を6歳の頃から習っていたとありました。
 
ハナエ 作曲
 
自分の趣味趣向について、このように答えてるようです。

「綺麗で可愛いものが好きだが、その中でも退廃的なものに惹かれる」

 
小学生の小さい頃から、同郷でもある椎名林檎さんを尊敬していて
たくさん聴いてきたそうです。
 
ハナエ 作曲
 
ハナエさんが書く歌詞も、専門家からは
文学的だと言われることもあるようですよ。
 
 

 
 

 ハナエの相対性理論?

 
ハナエさんの検索関連キーワードに
「相対性理論」があります。
 
何のことかと調べてみました。
 
3枚目のシングル『神様はじめました/神様お願い』のサウンド・プロデュースが
元・相対性理論のメンバー、真部脩一さんとのこと。
 
つまり相対性理論はバンド名ということでした。
 
ハナエ 相対性理論
 
個性的な曲で、映像も面白いです。
 


 
 

 ハナエの本名や高校は・・!?

 
本名や出身校については、完全非公開のようです。
 
全く情報がありませんでした。
ゴメンナサイ!
 
でも、メジャーデビューシングル『羽根』の発売が
2011年6月1日ですから、当時はまだ現役で高校生の頃。
 
プライバシー保護など大切ですし
こればかりは仕方ないですね。
 
むしろ、情報が出ていないということは
事務所や関係者、ファンからも大事にされてる証拠
かもしれませんね(^^)
 
 
さて、今回の記事はいかがでしたでしょうか。
 
少しでもハナエさんの魅力を
お伝え出来ていれば嬉しいです(^^)
 
これからどんどん活躍の場を広げそうですね!
 
今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました!
 

_

シェアありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローありがとうございます!

_

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です