DJ KOOの人柄や本名は?妻の神エピソード?おしゃれイズムでトーク

TRFがデビューしたのが1993年。もう20年以上も前のことなんて改めて驚きです。当時は「trf」の小文字表記でした。
そして、いまだにDJとして第一線で活躍するDJ KOOさん。ここ数年は、バラエティ番組でタレントとしての活動も活発なようです。
 
今回は、TRFのリーダー・DJ KOOさんの音楽家じゃない点について調べてきました。
 
DJ KOO 妻

 

 DJ KOOのプロフィール!

DJ KOO 妻
DJ KOO(ディージェイ・コー)
本名:高瀬 浩一(たかせこういち)
生年月日:1961年8月8日
生まれ:東京都


高瀬浩一さんというんですね。DJ KOOのイメージしかありませんでしたが、日本人ですから当たり前ですよね。
4歳年下の奥さんと、中学生のお嬢さんがいるそうです。
 
 

 DJ KOOの真面目過ぎる人柄!

 
千葉県柏市の柏日体高等学校卒業で、高校時代はラグビー部でキャプテンだったそうです。体育会系だったとは、かなり意外です。
しかもキャプテンは責任感や信頼性がないと務まりませんから、学生の頃からリーダーの資質があったんですね。
 
DJ KOO 人柄
 
お子さんの教育にもとても熱心で、授業参観や保護者会は必ず出席するそうです。
しかもスーツで。
スーツ姿がまったく想像できませんが、トーク番組の穏やかで真面目な雰囲気から、教師との真剣な会話は想像できますよね。
 

 
 

 DJ KOOの奥さんは恐妻?神妻?

 
DJ KOOさん、完全に尻に敷かれてるようです。一般的にはありえないエピソードを幾つも話していました。
 
・クレジットカードも持たせてもらえない、完全お小遣い制
・自宅が賃貸なのか買ったものなのかも教えてもらえない
・家族旅行も行き先を教えてもらえずに出発する

 
どんな家族なんでしょう?一般とかけ離れすぎていて理解が難しいです。
これだけだと、恐妻を通り越して独裁にもなりかねないと思いますが、家族がうまく行ってるということは、しっかり良い面もあるということ。
 
DJ KOOさんが出演したバラエティ番組を家族全員で見て、終了後は毎回かかさず反省会を開くそうです。
もちろんダメ出しもありますが、DJ KOOさんが番組に貢献できるよう、もっと自分が活かせるようにアドバイスをたくさんくれると話してました。
ミュージシャンとしての仕事には口は挟まないという、旦那の立て方も素晴らしい
2015年2月のトーク番組『おしゃれイズム』でも、新しいエピソードが聞けそうですね。
 
DJ KOO 妻
 
 

 DJ KOOの全盛期のPV動画!

 
個人的に好きだった2曲を紹介します。
 
『寒い夜だから』
 


 
『Overnight Sensation ~時代はあなたに委ねてる~』
 

 
全盛期なんていうと失礼ですね。50歳を超えてもまだまだ現場主義の現役DJですから。
タレントとしての活動も大切ですが、TRFとしてももう一度大きな波を起こして欲しいですね!
 
 
以上、『DJ KOOの人柄や本名は?妻の神エピソード?おしゃれイズムでトーク』でした。
 
今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!
 
 

_

シェアありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローありがとうございます!

_

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です