堀江貴文先生の「情弱になるな!」人生のしくじりから学ぶ名言まとめ

株式会社ライブドアの元代表取締役社長CEOとして
ホリエモンという愛称(?)で注目を集めていた堀江貴文さん。
 
ヒルズ族という言葉も
堀江さんから広まりました。
 
かつて時代の寵児(ちょうじ)と呼ばれましたが
証券取引法違反容疑で逮捕。
 
2013年の仮釈放後も
変わらず活発な活動をされています。
 
そして、その行動や言葉が
いちいち刺さります(いい意味で)
 
今回は、堀江貴文さんについて調べてきました!
 
堀江貴文 名言

 

 堀江貴文のプロフィール!

堀江貴文 名言
堀江 貴文(ほりえたかふみ)
ニックネーム:ホリエモン
生年月日:1972年10月29日
生まれ:福岡県八女市
学歴:東京大学文学部中退


プロ野球球団買収、ニッポン放送買収、総選挙立候補など
2000年前半はとにかく大きなニュースがたくさんありました。
 
以前から活動していた宇宙開発事業も再開し
山本一太内閣府特命担当大臣(宇宙政策担当)へ
ロケット打ち上げについての意見交換
などもしています。
 
「とにかく行動」の人ですね。
 
 

 堀江貴文の心に刺さるコトバ!

 
はじめに書いたとおり、堀江さんのコトバは
かなり心に刺さります。
 
いわゆる名言もたくさんありますが
逆にありすぎるので、特に好きなのを幾つか
ご紹介します。
 
 

シンプルに考えることが僕の信条です。ビジネスの最前線ではスピードが勝負です。いろいろと複雑に考えることで失うものは大きい。ビジネスにおける様々な問題は、すべて原点に戻ってシンプル思考で処理すれば、最大限の効果を発揮することができるのです。

 

僕は会社経営で悩んだことはありません。すぐにシンプルに決断する。旧来の会社組織では大勢が集まって長時間の議論をするのが普通でした。ろくに準備もせずに会議を始めるから、いつまでたっても議論が出ない。会議の目的は結論を出すことです。ところが会議のための会議に終わってしまうケースが多かったと思うのです。それでうちの会社では会議は極力シンプル化するようにしています。目的にシンプルに向かっていく。細かい事にとらわれず、大局を見る。それが企業の成長スピードを加速させる上で大切なことなのです。

 

僕がいつも心がけていることはとにかくでかいことを考えて、到底実現できなそうなことを考えてそれを実際に実現させるということです。とはいってもいきなり大きな目標には到達できません。一つ一つ身近な目標を達成していくことで、俺の思っていることは全部できるのだという自信をつけていって、さらに次の目標に向かっていくことだと思います。この成功体験の積み重ねが大切なのです。

 

当たり前のことを当たり前に、そしてすべては営業から。お金を儲けたかったらとにかく営業、営業、営業と考えてください。営業力がどうのこうのというビジネス本はたくさん出版されていますが、それだけ営業すること自体をまったく考えていない人が多い。というのが僕の実感です。営業する力さえあれば、どこからか商品を仕入れてきて利ざやを乗っけて売ればいいだけの話です。どう考えても絶対儲かります。

 

たとえ二次情報をもとにしていても、見方を変えることでおもしろくなるんです。

 

考えすぎ。今すぐやれ。

 
 
ホントはまだまだありますけど
この辺りで。
 
 
堀江さんが重要に考えるもの。
 
「今」「シンプル」「スピード」
 
成功者に共通するマインドかもしれませんが
改めて大切なことだと思います。
 
 
2015年4月20日『しくじり先生 俺みたいになるな!!』に
堀江さんが特別講師として出演します。
 
そちらの講義も楽しみですね!
 
【関連記事・歴代のしくじり先生たち】
ダイヤモンドユカイのひどい伝説や妻との歴史?批判的しくじり先生?
中村昌也がしくじり先生で涙の発言!神聖な結婚?評判や現在の年収も
浅田舞がしくじり先生に!真央より美人でも実力に格差?経歴まとめ
中田敦彦はトークの説得力がすごい!育児論も頭いい噂の愛妻家!
元木大介も嫁もバラエティの実力は天才的!めちゃイケの成績は?
池谷幸雄はお金運がない?元イケメン選手の年収は?めちゃイケ成績も
 

 
 

 堀江貴文の獄中手記!

 
堀江貴文さんの著書のひとつ
『ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた』
 
堀江貴文 しくじり先生
 
堀江さんが服役中に読んだ本をもとに
色々なビジネス論が綴られています。
 
 
また、刑務所の中と外とでは環境は大きく違いますが
“良書”に巡り会うための良いガイドブックにもなっています。
 
ここでは、特に大好きな一節だけご紹介します。
 

状況に応じて、考え方を変え、視点を変えて、変化するしかない。この変化を楽しめる人が、結局は勝ち残るし、何より楽しめるはずだ。

 
 
改めて堀江さんの行動と、言動に
ブレがないことがわかります。
 
どんな環境であっても、情報は最大限入手し
アウトプットしなくてはいけません。
 
情弱(情報弱者)があらゆる場面で
不利である
ことを、堀江さんは教えてくれます。
 
 
服役したことは「人生のしくじり」だったのかもしれませんが
罪を償い、それさえも教訓に出来る人はそう多くはいないはず。
 
また必ず大きなことをやる人だと思います。
 
これからも、まったく目が話せない起業家ですね!
 
 
今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!
 

_

シェアありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローありがとうございます!

_

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です