紀里谷和明監督が実力発揮?モーガンフリーマンらの評判は・・

紀里谷和明 実力
 
元宇多田ヒカルさんの旦那というイメージも
そうとう薄くなってきたように思われる紀里谷和明さん。
 
監督作品としては、ついにハリウッド映画進出も果たしました。
 
・けっきょく実力ってどうなの?
・出演者や評論家からの評判って?

 
今回の記事は、紀里谷和明さんです!
 

 

 紀里谷和明の実力?モーガンフリーマンらはなんて?

 
紀里谷和明さんの監督作品は、全部で3作品。
 
正直、ずいぶんと少ない印象を受けますよね。
 
 
■2004年 CASSHERN
 
1973年、フジテレビ系で放送されていた『新造人間キャシャーン』の実写化。
 
タツノコプロのアニメが原作で、伊勢谷友介さん、麻生久美子さん
寺尾聰さんをメインにキャスティングも豪華でした。
 
元妻の宇多田ヒカルさんの主題歌も話題になりましたね。
 
ちなみに、GLAYのTAKUROさんとHISASHIさんがエキストラ出演しています(笑)
 
 
■2009年 GOEMON
 
江口洋介さん主演の石川五右衛門ストーリー。
 
企画構想から5年、CG制作だけで1年かけたそうです。
 
紀里谷和明さんも明智光秀役で出演しています。
(いい役やりますね)
 
 
■2015年 ラスト・ナイツ/LAST KNIGHTS
 
メインキャストは、ハリウッド俳優のクライヴ・オーウェン
名優中の名優モーガン・フリーマン。
 
日本人俳優では伊原剛志さんなど出演しています。
 
3作目でハリウッドデビューって、かなり早いですよね。
 
実力があるから?強力コネクション?
 
そのあたりはちょっとわかりませんけど
レビューサイトにはこうありました。
 

もう最初から最後まで褒められるシーンは皆無。放っておいても立派になってしまうモーガン・フリーマンが本作ではバカな爺さんにしか見えない
 
引用:http://beagle-voyage.com/movie-last-knight-review-2015.html

 
う〜ん。どうなんでしょう(笑)
 
こうまで言われてると、ちょっと興味が湧いてくるのもたしか。
 
全米では先行公開されていますが、日本公開は2015年秋です!
 
 
モーガン・フリーマンの紀里谷和明さんへの評価は情報はないですね。
 
8月3日のしくじり先生に紀里谷和明さんがゲスト出演しますので
その辺の話が聴けるかもしれませんね。
 
【関連記事・歴代のしくじり先生たち】
ダイヤモンドユカイのひどい伝説や妻との歴史?批判的しくじり先生?
中村昌也がしくじり先生で涙の発言!神聖な結婚?評判や現在の年収も
浅田舞がしくじり先生に!真央より美人でも実力に格差?経歴まとめ
中田敦彦はトークの説得力がすごい!育児論も頭いい噂の愛妻家!
Mr.マリックと娘LUNAの本名は?きてます超能力!放送事故の手力も
高山一実(かずみん)の声変わりにアメイジング?特技は声楽と剣道


 
 
宇多田ヒカルさんのtravelingのMVは評価が高かったですよね!
 

 
 

 

 紀里谷和明のプロフィール!

紀里谷和明 実力
紀里谷 和明(きりや かずあき)
本名:岩下 和裕(いわしたかずひろ)
生年月日:1968年4月20日
出身:熊本県球磨郡あさぎり町
妻:宇多田ヒカル(2002年〜2007年)

パチンコ店の実家に生まれ、子供の頃に見た父親の仕事ぶりが自分の仕事にも生かされていると言います。
 
大勢のスタッフを仕切るところなんかが、役に立ったそうです。
 
 
ベジタリアンで肉は食べず、たまに魚を少しだけ。
 
物に執着心がまったくなくて、洋服や私物も必要最小限で
部屋にもベッドとソファくらいしかない
とか。
 
アーティスト肌というか変わってるというか。
 
モテる中年男性かもしれませんが
一般人には理解するのが難しいかもしれないですね。
 
 
これからの活躍にも注目というか、とりあえず映画みてみましょう!
 
 
今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!
 

_

シェアありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローありがとうございます!

_

コメント

  1. タカコ より:

    お互いに知りえるに時間は不可欠ですね!

    レズビアンがいいとはおもうけど入ってはいけないというか抵抗があるのと、CGの世界がふんだんに盛り込まれたものがチョット抵抗あったりするのは似てないかな?~って感じてしまいます。

    きりやさんの歴史なんですよね!そうおもいます。

    男性は少年性をズット抱えてるんだし、その精神が生きずいてるから物作りにも精が出るんだとおもえます。

    自然に過ごすのが根についてることで傷つけてしまってるんだということを申し訳なく感じてしまいます。

    強烈な問題提示を与えるという作品を出し続けている点は、かなりもてるというだけあって男性的そのものですね!!!!!?

    自由でいつづけてこれたことの特権だともいえますし、そんな環境をあたえられてこれたこともきりやさんの幸せの一つなんだな~ってうらやましく感じてしまいます。

    人間描写の映画も作る予定があるのを知って楽しみにもしています。

    ラストナイトは画面に自然にいろんな意味で惹き込まれたというか、吸い込まれたことがよかったです。
    シビアな環境で混純としてるのか?ともおもえますが未だ想像の域を脱し切れていません。
    何処までもダメな私で申し訳なく感じてしまいます。

    オヤスミデッス。。。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です