【DIR EN GREY】Shinya ドラムの原点〜大阪枚方のエピソード!

DIR EN GREY Shinya 枚方
 
ハードでヘヴィ、暗く悲痛な世界観が特徴のというDIR EN GREY。
 
昔はビジュアル系バンドの最前列で活躍していましたが
今や日本を代表する本格派ロックバンドに変貌を遂げました。
 
今回は、メンバー最年少でもあり、サウンドの土台となるドラム
Shinyaさんです!
 

 

 Shinyaのプロフィール!DIR EN GREYとは?

DIR EN GREY Shinya 枚方
Shinya
本名:寺地 晋也(てらち しんや)
ニックネーム:やもちゃん
生年月日:1978年2月24日
出身:大阪府枚方市
血液型:B型
性格:温厚、地味、マイペース
身長:170cm
体重:50kg前半(推定)

DIR EN GREYは、京(Vo)、薫(G)、Die(G)、Toshiya(B)
そしてShinya(Dr)の5人で1997年、大阪で結成されます。
 
現在までメンバーチェンジや活動休止期間がが1度もないのは
素晴らしいですね。
 
バンドのコンセプトはずばり“痛み”
 
歌詞や楽曲のヘヴィでダークな世界観、圧倒的なライブパフォーマンスは
熱狂的ファンを一気に生み出しました。
 
そんな過激なバンドのメンバーにも関わらず
Shinyaさんは物静かで大人しい性格。
 
ニックネームの「やもちゃん」は
 
しんや→しんやもん→やもちゃん
 
と変化していったそうです。
 
このニックネームのエピソードだけで萌えですね(笑)
 
【関連記事】
【DIR EN GREY】Shinya 性格や趣味がかわいい!結婚はばむ愛犬?
 

 

 Shinyaのドラムの原点はJポップ!しかもジャニーズ

 
いまニョキっときている注目のタレントやミュージシャンを
掘り下げるイン­タビュー番組『水曜のニョッキ』
 
2014年12月02日の配信で、Shinyaさんが出演してまいました。
 


DIR EN GREY、ドラムShinya 原点は“光GENJI” インタビューバラエティ【水曜のニョッキ・vol.58】
 
梅澤亜季さんのMCも相まって、とてもほんわかしたムード(^^)
 
インタビューの中で意表をつかれたのは、音楽の趣向
ドラムの原点ともなる小学生の頃のエピソード。
 
まず、Jポップが好きというのが意外すぎますし
「ジャニー­ズで育った」
なんて想像することもできませんでした。
 
そしてなんと、音楽に目覚めたきっかけは
光GE­NJIだと言い放ちます。
 
大阪府枚方市の小学校に通う小学生だった頃
アイドルに憧れを持っていたというShinyaさん。
 
1978年生まれ、光GE­NJIに出会ったのはたぶん高学年の頃
 
小学高学年から中学くらいまで
歌って踊る将来の自分
夢見ていたのかもしれないですね。
 
幼少の頃からエレクトーンを習っていて、音楽の素養はあったようですが
バンドに目覚めてなかったら今頃どうなってたんでしょうか。
 
亀梨和也さんにも似てるルックスや、関ジャニ∞の世代だということを
考えると妄想がふくらみますね(笑)
 
 
これからもDIR EN GREYの土台を支える
華麗なドラミングに注目です!
 

_

シェアありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローありがとうございます!

_

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です