永作博美は奇跡の美魔女!台湾や海外の人気は?アナザースカイでも

ドラマ、映画、CM、舞台。あらゆるメディアで長く活躍する永作博美さん。
とても40代半ばとは思えない若々しさ。その秘訣なんかが話題になることも多いですよね。
最近では美魔女の代表として例えられることや、逆に永遠の美少女と言われたりしています。
 
今回は、女優永作博美さんについて調べてきました!
 
永作博美は奇跡の美魔女!台湾や海外の人気は?アナザースカイでも

 

 永作博美のプロフィール!

永作博美は奇跡の美魔女!台湾や海外の人気は?アナザースカイでも
永作 博美(ながさくひろみ)
生年月日:1970年10月14日
生まれ:茨城県行方郡麻生町(現在の行方市)
身長:156cm
血液型:B型
デビュー:1989年


実家は茨木のイチゴ農園。本人はおしゃれに(?)ストロベリーファームと言ってるとか。
3姉妹の次女として生まれ、中学性の頃の部活はバレーボール。活発な女の子だったようです。
 
  

 永作博美は奇跡の美魔女?

 
美魔女
 
よく耳にする言葉ですが、wikipediaにはこうありました。
 

美魔女(びまじょ)は、光文社が発行するファッション雑誌『美STORY/美ST』による造語。才色兼備の35歳以上の女性を指し、「魔法をかけているかの様に美しい」ところからきている。

 
なるほど。きっと「魔法をかけているかの様に美しい」がポイントですね。
永作博美さん、石田ゆり子さん、元JUDY AND MARYのボーカリストYUKIさんで、芸能界3大美魔女なんて呼ばれれていたみたいです。
 
永作博美 美魔女永作博美 美魔女
 
たしかに実年齢よりずっと若く見える女性が多い気がしますが、お肌のケアとか、女性って大変ですね。
 
【関連記事】
平子理沙の美白肌と唇の魅力!今はファッションよりフィギュア好き?
常盤貴子の結婚後も老けない美しさは美容法に秘密!旦那も改心?
森口博子はガンダムの頃から劣化なし!なぜ結婚しないor出来ない?
中川祐子は若い頃から継続スキンケアがすごい!洗顔法や美容液は?
 
  

 永作博美の外見は常にマイナス5歳以上?

 
1989年、乙女塾というアイドルグループの1期生としてデビューします。
この時すでに永作さんは19歳。アイドルとしてはずいぶん遅いデビューです。
が、そのメンバーで結成された3人組のribbonではセンター。人気ユニットだったそうです。
永作博美 奇跡
 
1995年のドラマ出演では、24歳で女子高生役
 
永作さんは、基本的に実年齢から5〜8歳くらい引いた時間を生きているようです(笑)
2度も高齢出産に成功しているのも、そういった理由かもしれません。
 

 
 

 永作博美は台湾人気がスゴイ!

 
2014年末、佐々木希さんとのW主演映画『さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~』(2015年2月28日公開)のPRで台湾を訪れています。Ribbon時代以来、21年ぶりだったとか。
多くのファンから熱烈な歓迎を受けた様子が報道されていました。
 
永作博美 台湾
 
舞台挨拶での流暢な中国語の自己紹介などもあって、イベントも大成功だったようです。
台湾はじめ、世界各国で日本映画やドラマは放映されていますから、他の国でも永作さん人気は高いはず。
 
2015年2月27日放送のアナザースカイでも、台湾のことや美の秘訣について話されるようです。
家事育児との両立も大変だと思いますが、これからもたくさんの人に感動を届けてほしいですね!
 
というか、『笑っていいとも』のこの画像。1994年の頃との変化のなさにビックリです(笑)
 
永作博美 奇跡
 
 
以上、『永作博美は奇跡の美魔女!台湾や海外の人気は?アナザースカイでも』でした。
 
今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!
 
 

_

シェアありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローありがとうございます!

_

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です