森口博子はガンダムの頃から劣化なし!なぜ結婚しないor出来ない?

バラドル。
 
もちろんバラエティーアイドルのことです。
 
そのパイオニア的存在といえば、森口博子さん。
 
40代半ばを過ぎたなんて信じられないくらい
変わらない美しさを持っていますよね。
 
いま、再び注目が集まっているそうです。
 
今回は、森口博子さんについて調べてきました!
 
森口博子 劣化

 

 森口博子のプロフィール!

森口博子 劣化
森口 博子(もりぐちひろこ)
ニックネーム:もげしゃん、もげ
生年月日:1968年6月13日
生まれ:福岡県福岡市
血液型:A型
身長・体重:158cm・43kg
デビュー:1985年


福岡の高校から堀越学園に転入。
 
武田久美子さん、井森美幸さん、荻野目洋子さんが同級生だったそうです。
 
その後、アイドルとしてデビューしますが、同期は
本田美奈子.さん、中山美穂さん、南野陽子さん、浅香唯さんといった
80年代後期を代表する面々。
 
次第に、アイドル歌手からバラエティアイドルへシフトしていったようです。
 
当時の事務所の判断は正しかったということですね。
 

 森口博子とガンダム

1985年8月7日発売の『水の星へ愛をこめて』が、アニメ『機動戦士Ζガンダム』の主題歌。
そのカップリング曲『銀色ドレス』が挿入歌として起用されます。
 
この曲が森口さんのアイドル歌手としてのデビューですから
森口さんを語る上で、ガンダムの存在を無視するのは無理です(笑)
 
誰の目から見ても、森口さんの成功の立役者ですね。
 
 
1991年2月5日発売の『ETERNAL WIND〜ほほえみは光る風の中〜』は
映画『機動戦士ガンダムF91』主題歌に。
 
森口博子 ガンダム
 
この曲で、紅白出場も果たします。
 
そして、2007年11月28日『もうひとつの未来〜starry spirits〜』が
PlayStation2『SDガンダム GGENERATION SPIRITS』のテーマ曲になっています。
 
ちなみに、森口さんは1990年から連続7回も
紅白連続出場している歌手
なんですよね。
 
タレントや女優としてのイメージが強いので
知りませんでした。
 

 

 森口博子の結婚

どう考えてもモテないはずはないんです。
 
なのに、なぜ今まで結婚しなかったんでしょう?
 
美魔女ブームなので
今は間違いなくニーズがあると思いますが、昔だって・・
 
【関連記事・若すぎる40代美魔女】
中川祐子の奇跡って?すごい努力のたまもの? 
中川祐子 若い頃
いま平子理沙が熱心なのは美白や美肌よりフィギュア集め?
平子理沙 ファッション
 
 
 
以前テレビ番組でこのように語っていました。
 

“他人と向き合う煩わしさ”と“孤独と闘う寂しさ”だったら、孤独の方が全然ストレスフルじゃないと思ってた時期があった。

 
仕事が忙しい時期と重なるのかもしれませんが
なんだか深いですね。
 
また、お母さんの教育方針は、恋愛禁止など厳しいものだったそうです。
 
森口さんは4人姉妹の末っ子なので
とくに厳しかったのかもしれませんね。
 
そして、そのまま上京して、”恋愛禁止”が当たり前の、アイドル歌手になるわけですから
若い頃に恋愛するチャンスがなかったのかも。
 
そう考えると、結婚しないも、結婚できない
両方あり得そうですね。
 
 
最近ネットではこんな意見が飛び交ってるようです。
 

四十路半ば過ぎてこのかわいらしさって結構レアだよな

 

なんでこの人は劣化しないんだろうw

 

20年くらい前とほとんど変わらんやんけw

 
 
考えることはみんな同じでした(笑)
 
仕事の再ブレイクと両立できる相手との
良い出会いがあればいいですね。
 
 
今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!
 

_

シェアありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローありがとうございます!

_

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です