笛木優子は相田翔子的えくぼが魅力!美人でなぜ独身?日韓作品まとめ

笛木優子 えくぼ

芸能にかぎらず、日本以外のアジア諸国で活躍する人って多いですよね。
笛木優子さんもその一人です。
女優として、日本と韓国をまたいだ活躍をしています。
 
ただ、他の人とは違う、ちょっと変わった流れ
今の活動があるようです。
 
今回は、笛木優子さんについて調べてきました!
 

 

 笛木優子のプロフィール!

笛木 優子(ふえきゆうこ)
別名:유민(ユミン)
生年月日:1979年6月21日
生まれ:東京都
身長:164cm
血液型:B型
デビュー:2000年


よく韓国人とかハーフの話題があがりますが
笛木優子さんは純粋な日本人
小学校から大学まで、ずっと東京です。
 
【関連記事・同じく韓国で活躍する女優】
藤井美菜は韓国ハーフ?最近の恋人やチャングンソクと結婚の噂も!
藤井美菜の英語や演技の評価は?顔やメイクも韓国寄せ?闇の伴走者も
 
 
デビュー前には、篠原涼子さんが所属していたことで有名な
東京パフォーマンスドールの研修生だったそうです。
 
2000年の女優デビューした翌年
単身で韓国へ渡ります。
 
もともと韓国へは語学留学が目的で、3ヶ月だけの予定
 
それが、ひょんなことから知人の紹介で、韓国のテレビドラマに出演することになり
ユミンの芸名でデビューすることになったそうです。
 
しかも主演で。
 
 
ひょんなことって、一体どんなことですか(笑)?
 
2006年からは、日本をメインに活動しています。
 

 笛木優子と相田翔子!

元ウィンクの相田翔子さんに似てることも
話題になります。
 
まぁ、このお二方は一目瞭然です。
 
[笛木優子さん]
笛木優子 えくぼ
 
[相田翔子さん]
笛木優子 相田翔子
 
共通点としては、奥二重とエクボですね。
 
というかもう、全体が共通点です(笑)
 

 笛木優子の出演作品!

笛木優子、そしてユミン。
 
2つの名前と、2つのステージ(国)があることからも
様々な作品に出演しています。
 
代表的な作品を紹介します。
 
■韓国作品
 
[ドラマ]
2001年『わが家』★主演
2002年
『結婚しよう』★主演

『オールイン』
『ナイスガイ』
2003年『アックジョンの家』★主演
2004年『ガラスの華』★主演

2005年『不良主婦』
 
[映画]
2005年『青燕』
2007年『特別市の人々』
2007年『アパートメント』
 
[CM]
デントラルシャンプー(イ・ビョンホンと共演)
カフェラテ(チャン・ドンゴンと公開)
OLD&NEWモデル(ペ・ヨンジュンと共演)
 
 
■日本
[ドラマ]
2006年
『アテンションプリーズ』
2007年
『アテンションプリーズ~洋子、ハワイに飛ぶ』
『松本清張 わるいやつら』
『ホテリアー』
『陽炎の辻』
2011年『さくら心中』★主演
2014年『軍師官兵衛』
2015年『残念な夫。』
 
[映画]
2001年『ホタル』
2001年『新・雪国』★主演
2007年『憑神』
2015年『振り子』
 

 

 笛木優子の結婚観!

韓国で活動していた時は、俳優のチャン・ドンゴンさんや
アイドルグループ「H.O.T.」のチャン・ウヒョクさんとの熱愛報道がありました。
 
以前のインタビューでは、36歳には結婚したいと話していましたし
結婚願望はあるんですよね。
 
仕事が楽しかったとか、いろいろ理由はあると思いますが
ひっそりと愛を育んでるという可能性もありますよね。
 
そして、2015年6月21日が36歳の誕生日です。
 
単身で韓国に渡っての女優活動など
おしとやかな見た目とは違って、アクティブな性格でもあるようなので
「有限実行」もあり得ますね!
 
もしそうなったら温かく祝福してあげたいものですね。
 
 
今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!
 

_

シェアありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローありがとうございます!

_

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です