モスはヘルシーで安心!アボカドやオーロラも美味しいソイと野菜!

ファストフードって、手軽だし良く利用しますよね。
 
その中でも、ヘルシー趣向と言えば、やっぱり
フレッシュネスバーガー、そしてモスです。
 
今回は、モスバーガーについて調べてきました!
 
モス 安心

 

 モスの安全安心さ!

食品偽装や異物混入
 
ここ数年「食の安全」の重要性について
よく話題になります。
 
いくら早くて美味しいファストフードでも
安全な食材でなければ、安心して食べられません。
 
モスは、注文されてから調理する「美味しさ」
食材の「安全」に対して、昔からポリシーが強いです。
 
モスのHPには、牛肉その他全ての食材について
原料から工場の加工、検査内容、配送と、店舗までの流れ
それぞれ細かく説明されています。
 
特に、野菜はとても充実した内容。
 
野菜が『どこの産地で、誰が作った野菜かわかるのは当たり前』として
産地情報、産地だよりを、かなりの情報量で、毎月更新しています。
 
もちろん、品質管理基準やお店の衛生管理体制なんかも
詳しく書かれています。
 
モス 安心
 
モスの食にかける情熱が感じられます!
 

 

 モスのヘルシー趣向!

モスのヘルシー趣向といえば、有機野菜を使った物や
低アレルゲンセットなど、他店には見られないこだわりがあります。
 
ライスバーガーもその一つですよね。
 
惜しまれつつ販売終了した『菜摘』
これなんか、ファストフードのヘルシー趣向の常識ごと変えましたよね!
 
モス ヘルシー
 
こんなメニュー、野菜の味と鮮度に自信がないと無理です(笑)
 
2004年から2008年、2013年から2014年の販売だったので
復活を願うばかりです!
 

 

 モスのソイ野菜バーガー!

2015年3月24日、新たなヘルシーメニューが加わります。
 
モス ソイバーガー
 
・ソイ野菜バーガー アボカドソース(370円)
・ソイ野菜バーガー オーロラソース(340円)

 
肉パティの代わりに”ソイパティ”を使った
大豆バーガーです。
 
ソイパティは、大豆の植物性たんぱく質と、レンズ豆、ひよこ豆、たまねぎ、セロリ、マッシュルームなどから作られます。
普通の肉パティに近い食感が再現されているとのこと。
 
さっぱりと食べられて、もちろんカロリーも低い。
 
健康趣向の人に持って来いですね。
 
 
「いや、肉が食べたいよ!」
という人のためには、肉パティ版も用意されていますのでご安心を。
 
・アボカドソースバーガー(370円)
・Wアボカドソースバーガー(490円)

 
【関連記事】
ケンタッキーのビストロ風は朝もおすすめ?うまい肉のハンバーガー!
ケンタッキー ビストロ風
 
 
ちなみに、2種類のソースはこちら。
 
[アボカドソース]
あっさりと仕上げたタルタル風ソース。
〜レシピ:ペースト状のアボカドにマヨネーズ、ピクルス、豆腐、たまねぎなど
 
[オーロラソース]
マヨネーズとケチャップの、モスオリジナルソース。
〜レシピ:たまねぎ、赤ピーマン、ズッキーニ、セロリなど
 
オーロラソースは、『モス野菜バーガー オーロラソース仕立て』でも
安定の美味しさですね。
 
モス 野菜バーガー
 
 
ソイ野菜バーガー、2015年3月24日発売です。
 
というか、記事を書いてて普通に食べたくなったので
ちょっとモス行ってきます(笑)
 
今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!
 
 

_

シェアありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローありがとうございます!

_

コメント

  1. モスの元店員 より:

    食の安全性について書かれていて、元店員としてとても嬉しく思います。
    ただ、ひとつ気になる点があり、細かいことで大変申し訳ないのですが・・・
    モスバーガーはファストフードではありません。
    ファミレスです。
    多くのお客様がファストフードと間違っていらっしゃるため、食器の返却口を設けている店舗も確かにありますが。
    基本的に店員が注文品をお席までお持ちして、後片付けをします。
    ファミレスですから。

    • beneguri より:

      コメントありがとうございます!
      ハンバーガー=ファストフードというイメージが強く、モスバーガー=ファミレスと認識してる方は少ないのかもしれませんね。
      僕も認識を改めようと思います。
      この記事についてはご容赦いただけると嬉しいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です