秋刀魚(サンマ)の旬と北海道や美味しい地域2015!

秋刀魚 サンマ 旬 北海道
 
秋といえば食欲の秋。秋の味覚と言えば秋刀魚(サンマ)
 
ずいぶんと短絡的でしょうか?
食べるの大好きなもので(笑)
 
でも賛成意見はけっこうもらえるとも思うんですよね。
 
ということで、今回は、秋刀魚(サンマ)の旬や北海道
美味しいと言わる地域について書いていきます!
 

 

 秋刀魚(サンマ)ってどんな魚?

 
本題に入る前に、サラッと少しだけ
秋刀魚(サンマ)の生息地域をチェックさせてください。
 
アラスカからメキシコまで、アメリカ大陸の海域にまでという
北太平洋の広い地域
に生息しています。
 
とは言っても、回遊して日本海側にまで入ってくるので
太平洋側でしか獲れないわけではないです。
 
 

 

 秋刀魚(サンマ)の旬

 
秋刀魚(サンマ)というくらいですから、旬はもちろん秋です。
 
秋は9月から11月を指しますが
日本の地域によって旬は違ってきます。
 
と言いますのも、まずサンマが日本にやってくるのは
8月、夏の終わりです。
 
そして、9月上旬に北海道で獲れて
10月上旬に三陸沖や銚子沖で獲れます

 
北から南への、サンマの回遊進路によって
時期がずれてくるということですね。
 
 

 秋刀魚(サンマ)はやっぱり北海道

 
秋刀魚 サンマ 旬 北海道
 
動物は運動するためにカロリーを消費しますよね。
 
サンマも全く同じで、移動する距離によって
脂肪分がかなり違います。
 
・北海道で獲れるサンマ:脂肪20%
・房総沖で獲れるサンマ:脂肪10%

 
おおよそそれくらいだと言われています。
 
やっぱり、サンマは脂が乗ってるのが美味しいですから
地域としては北海道で獲れるサンマが1番美味しいと言えますね。
 
 

 秋刀魚(サンマ)の代表漁場は?

 
秋刀魚 サンマ 地域
 
もちろん、個体差や鮮度、調理法もかなり重要ですから
地域だけでは決めつけられません。
 
・根室沖
・三陸沖
・銚子沖

 
こちらがサンマの3大漁場と言われています。
 
関東だと、千葉県の銚子漁港がメインですね。
 
 

 新鮮な秋刀魚(サンマ)の見分け方は?

 
秋刀魚 サンマ 鮮度 見分け方
 
生のサンマの鮮度の見極めとして、とりあえず
これくらい押さえておけば大丈夫だと思います。
 
・尾を持って頭を上に出来る(曲がらずまっすぐ)
・体全体が丸々としている
・腹から尻尾に綺麗な銀色の輝きがある
・背中の青い模様がはっきりとしている
・頭の後ろ辺りが盛り上がっている
・ヒレがピンっと張っている
・目が赤く濁っていない
・口先や尾がほんのり黄色い

 
想像するだけでも活きが良いのがわかりますよね。
 
秋刀魚(サンマ)の美味しい時期を逃さないよう
店頭でもチェックしていきましょう!
 
今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!
 

_

シェアありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローありがとうございます!

_

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です