ぼっちでも昼休みや下校が楽しい!快適な休日の過ごし方も極める!

ぼっち。
 
もちろん「一人ぼっち」のこと。最近、ぼっち◯◯って流行ってますよね。
「ぼっち飯」ひとつとっても、ぼっちカフェ、ぼっちラーメン、ぼっち鍋。ぼっち焼き肉なんてのもあるくらい。
 
友達とにぎやかなのも楽しいですが、1人で落ち着いた時間も必要なもの。
ぼっちの魅力って?
 
今回は、ぼっちについて調べてきました!
 
ぼっちでも昼休みや下校が楽しい!快適な休日の過ごし方も極める!

 

 ぼっちとは(改めてw)?

 
「ぼっち」をwikipediaで調べると、意味の中に「孤独」とあります。いきなり重い(笑)
更に「孤独」を調べてみると、「隔離」「疎外」「孤立」ってもうウツまっしぐらな感じになります。「孤高」はちょっとカッコイイですけど。
 
・友達のいない人
・周りに相手にされない人
・生まれた時も一人ぼっち
・死ぬ時も一人ぼっち

 
寂しすぎる!
 
でも実際は、そうゆうことじゃないですよね。
それは次のところで(笑)
 
ちなみに一人ぼっちは、一人法師(ひとりぼうし)の崩れた言い方が元で生まれた言葉だそうです。
 

 

 ぼっちの良い所って?

 
自分からぼっちを選ぶのは、「気楽」がたぶん一番の理由。
自分の好きな事を、自分のペースで。何よりそれが最大の魅力です。自ら独りを選び、それをフルに楽しむ人だってたくさんいます。
 
「ぼっち」=「リア充」という考え方もあるようですよ。
 
あるインターネットアンケートによる、年代別の回答結果が面白い。
 
【趣味や遊びは一人でする方が好き】
10・20代 – 27%
30・40代 – 24%
50・60代 – 20%

【一人の時間をもっと増やしたい】
10・20代 – 35%
30・40代 – 34%
50・60代 – 25%

 
若い世代の方が割合は多いですが、言うほど変わりません。
いつでもというわけではないにせよ、年齢問わず、2〜3割の人がぼっちを好む傾向にあるのは興味深いですね。
 

 
 

 ぼっちの休憩や帰り道!

 
漫画『孤独のグルメ』が人気です。ドラマ化もされてますよね。
超強引にまとめると、ビジネスマン五郎さんが美味しそうに「ぼっち飯」を堪能するだけの漫画(笑)
 
五郎さんの名言がこちら。
 
ぼっち 快適
 
なんだかぼっちが神聖なものに見えてきます。
これくらい堂々と言えれば勝ちですね。
 
また、帰宅部やアルバイトだとぼっち帰りも多いようです。
見ようによっては寂しく見えるかもしれません。でも、大人になれば皆一人で帰るもの。全然寂しくはないです。
 
それに、帰宅後や休日は自分の部屋でゲームやネットを楽しんでもいいですし、趣味に没頭するのもいいでし。
勉強は一人が絶対はかどりますしね。
 
 

 ぼっちを極める!

 
ぼっちでも、あらゆることが楽しめます。要は気の持ちようだし、やり方次第。
いくつか画像で紹介しますね。
 
写真を撮って楽しんだり、
ぼっち 極める
 
イケメンに「あ〜ん」してあげたり、
ぼっち 極める
 
逆に「あ〜ん」してもらったり、
ぼっち 極める
 
こんなのだって余裕で楽しめちゃう!
ぼっち 極める
ぼっち 極める
 
これぞ達人!
 
「ぼっち」=「リア充」もわかる気が。
興味があれば「ぼっち 達人」で検索してみてください。色々出てきますよ。
 
どうせなら、ここまで極めましょう(笑)!
 
  
以上、『ぼっちでも昼休みや下校が楽しい!快適な休日の過ごし方も極める!』でした。
 
今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!
 
 

_

シェアありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローありがとうございます!

_

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です