セグウェイの公道走行は登録/免許制?違反の罰金や歩道禁止って?

セグウェイが発表されたのは2001年12月。
 
その未来感あふれるフォルムは、とんでもない衝撃でした。
 
マイクロソフトのビル・ゲイツや、アップルのスティーブ・ジョブズが
大絶賛した
ことでも話題になりました。
 
そして14年。
 
2015年7月から、日本全国の公道で走れることになりました。
 
でもどこを走っていいのかとか、免許とか規則はあまり報道されてないですよね。
 
ということで今回は
セグウェイの公道走行さんについて調べてきました!
 
セグウェイ 公道

 

 セグウェイを簡単に確認!

 
セグウェイとは、「電動立ち乗り二輪車」のこと。
 
2つの車輪の付いたプレートの上に立ってハンドル操作をする
1人用の歩行支援マシンです。
 
バイクのようのハンドルにアクセルがあるわけではなく
体重を前にかけると前進、さらにかけるとスピードアップします。
 
逆に、体重を後ろにかけると減速し、さらにかけると停止
バックが出来ますし、ハンドルを傾けるとその方向に曲がれます。
 
といったように、誰でも直感的に操縦ができるところが
人気の秘密ですね。
 
セグウェイ 走行
 
 
セグウェイジャパン公式発表の最大時速は20キロ
 
1回の充電は10~20円ほどで
約40km走行することができるとか。
 
ちなみに、新車価格は約100万円です。
 

 

 セグウェイの公道走行は登録が必要!

 
勘違いしてはいけないのが、2015年7月から
誰でも公道走行がOKになったわけではないということ。
 
日本では、2011年から今まで茨城県つくば市で
セグウェイの実証実験を行っていました

 
その実験結果から、大きな問題はないという判断のもと
『全国の公道で実験を行う』ことに決めただけです。
 
なので、まだまだ実験中ということですね。
 
国土交通省は、実験の対象者(セグウェイを乗る人)は
自治体や法人で、一般個人はあまり想定していないそうです。
 
とはいえ、個人が乗れないわけではなくて
 
・地方運輸局の小型特殊自動車としての車両認定
・警察署で道路使用許可
・市区町村で実証実験実施の同意

 
などが必要らしいです。
 
まだまだ気軽に乗れる気がしませんね(笑)
 
セグウェイ 公道
 

 
 

 セグウェイの罰金や禁止事項って?

 
2004年4月、公道で走らせた男性に対して
罰金50万円という事件がありました。
 
細かい規則や違反についての法整備は
これからのようですね。
 
 
まず7月からの全国公道実験では、
 
・最高速度は10キロ
・1人乗り
・歩道OK

 
だそうです。
 
具体的に走れる場所は地元警察の判断で変わることや
危険防止のための誘導員の配置が必要
とか
越えるすべきハードルはたくさんありそうです。
 
 
良い実験結果を出して、一般の高齢者や障害者が
便利に利用できるようになればいいですね。
 
 
今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!
 
 
 

_

シェアありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローありがとうございます!

_

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です